眠りが浅い原因と対策方法!夢ばかり見る・疲れが取れないあなたへ

眠りが浅い

 

  • ぐっすり眠れた気がしない
  • 頻繁に夢を見る
  • 疲れが取れない

 

眠りに対して日々このようなことを感じていませんか?

 

私自身も眠りが浅いことに悩んでいました。寝つきも悪く、布団に入っても寝付くまで1時間くらいかかることもたびたびあって、そのおかげで翌日はとっても体がダルイ…。

 

しかし、私は文章を書く仕事をしていますので頭が働かないと全然良い記事を書くことができないのです。このままではまずい…そう思って、熟睡できる方法をいろいろ調べ実践してみました。

 

当サイトでは私と同じように、眠りが浅い事で悩んでいるあなたに眠りが浅くなってしまう原因と7つの対策方法をお届けします。

 

熟睡できないあなたにぜひご覧頂き、ぐっすり眠れるようになって頂くための参考になれば幸いです。

 

眠りが浅い原因と対策方法について【目次】

眠りが浅いと感じる3つの原因について

眠りが浅くなる原因としては大きく分けて以下の3つの事が考えられます。根本的な原因を把握してから、対策方法を検討していきましょう。

 

眠りが浅い原因@:メラトニンの減少

眠りが浅い

 

人には体内時計というものがあり、日中は太陽の光を浴びる事によって体は活動状態に、そして夜は休息状態に切り替わります。

 

日中はセロトニンと言うホルモンが分泌されて体を活発に動かし、夜にはメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが分泌されて睡眠を誘います。これがいわゆる体内時計の仕組みです。

 

しかし、不規則な睡眠時間や偏った食生活をしているとこのホルモンのバランスが崩れてしまい、夜にメラトニンが正常に分泌されなくなってしまいます。

 

すると、本来なら眠たくなる時間帯にも目が冴えてしまい、眠りが浅くなったり寝つきが悪くなったりと言う不眠の現象を引き起こしてしまいます。

 

眠りが浅い原因A:ストレス

眠りが浅い

 

仕事や悩み事などで強いストレスを感じると交感神経が活発になり、自律神経が乱れてしまいます。

 

交感神経が刺激され副交感神経よりも優位な状態になってしまうと、心臓がドキドキしたり不安が押し寄せてきたりして心も体も興奮状態に陥ります。

 

こうなると質の良い睡眠を取ることはできないため、夜は副交感神経が優位な状態になるように自律神経をコントロールする必要があります。

 

眠りが浅い原因B:寝具や騒音などの外的要因

眠りが浅い

 

眠りを浅くする原因は身体的な問題だけではありません。あなたがいつも使っている寝具や、周りの騒音・光刺激・室温なども眠りに大きく関わります。

 

特に寝具は一番私たちの体に密着している存在です。これが体に合わないとなると、質の良い睡眠を取ることは難しいでしょう。

 

深い眠りを得るならば深い眠りにつきやすい睡眠環境を作ることが大切です。あなたの眠りを妨げている外的要因はぜひ除外しておきたいところです。

 

眠りが浅い時に効果的な7つの対策方法をご紹介!

それでは深い眠りを得るためには具体的にどのような対策を行えば良いのでしょうか?こちらでは7つの対策方法をご紹介します。

 

眠りが浅い時の対策方法7つのポイント

眠りが浅い時の対策方法@:体内時計のリズムを整える

眠りが浅い

 

まず朝は朝日を浴び朝食をしっかり食べるようにしましょう。そうすることで狂ってしまった体内時計が一度リセットされ、新鮮な状態で一日を過ごす事ができます。

 

夜は就寝の2時間前までには夕食を済ませ、体を睡眠モードへ。毎日決まった時刻に眠り、決まった時刻に起きれるようにすることで体内時計は少しずつ整っていきます。

 

休日も油断は禁物です。つい夜更かししたり、寝坊してしまうとせっかく整った体内時計もまた狂ってしまいますので出来るだけ平日と同じようなリズムで過ごせるよう心がけましょう。

 

どうしてもゆっくり眠りたいという場合は、普段起きる時刻に+1〜2時間くらいがベストです。

 

眠りが浅い時の対策方法A:適度なストレス発散をする

眠りが浅い

 

例えば運動はストレス発散にとても効果的です。運動をすることでセロトニンと言うホルモンが分泌されるのですが、このセロトニンは別名『幸せホルモン』とも呼ばれています。

 

セロトニンの働きによりストレスで興奮状態にある心を落ち着かせ、安定した状態に保ってくれるので夜も深い眠りへとつくことができるようになります。

 

ジョギングやウォーキング、サイクリングと言った軽めの運動を日課にしてみてはいかがでしょうか。ただし、ハードすぎるものは逆効果になるので気を付けてくださいね。

 

他にもカラオケ・音楽鑑賞・入浴・太陽光を浴びるなどが挙げられます。日中の嫌な事を忘れ、夜は心をリラックスモードに導くことが安眠へのカギになります。

 

眠りが浅い時の対策方法B:入浴は寝る1時間前までに済ませる

眠りが浅い

 

入浴をすることで体温は上昇しますが、お風呂からあがると次第に体温は下がっていきますよね。この急激な体温の低下が実は寝つきを良くしてくれるポイントなのです。

 

人の体は目が覚めると体温を上げ体を活発に動ける状態にし、逆に疲れがたまっている時は体温を下げる事で体を休ませようとする性質があります。

 

この性質により、入浴後の湯冷めがより深い眠りへと誘ってくれるというわけなんですね。ちなみにシャワーではしっかり体温が上がらないので湯船に浸かるようにしましょう。

 

上昇した体温がしっかり下がるまで大体1時間程度ですので、入浴は寝る1時間前までに済ませると言う事が大切になってくるのです。

 

眠りが浅い時の対策方法C:寝る前のPCやスマホは厳禁

眠りが浅い

 

PCやスマホから発せられるブルーライトには脳を覚醒させてしまう効果があります。その効果は凄まじく、コーヒーのようなカフェインを取っているときと同じだけの覚醒効果があるとのこと。

 

一般的に私たちの脳は、網膜にブルーライトの刺激を受けると『朝だ』と認識し、逆にブルーライトのの刺激が弱くなると『夜だ』と判断してメラトニンを分泌するようにできています。

 

つまり、眠る前のPCやスマホは脳に今は朝だと伝えているようなもの。それでは深い眠りにつく事ができないので、枕元にスマホを置かないなどブルーライトを避ける工夫が必要です。

 

また就寝前は部屋を暗くしておきましょう。光刺激を少なくすることで、脳からのメラトニンの分泌を促し体を眠り安い状態にします。

 

眠りが浅い時の対策方法D:就寝前にリラックスできる音楽を聴く

眠りが浅い

 

眠りが浅いあなたには就寝前の音楽鑑賞も効果的です。特にα波を出してくれるようなヒーリングミュージックがおすすめです。

 

α波とは脳波の一種であり、α波が出ている間は体や心をリラックス状態へと導くことができます。その他にもストレスを鎮める、免疫力アップの効果もあると言われています。

 

脳が落ち着いた状態になれば深い眠りにもつきやすくなります。ただし一晩中流し続けると脳に刺激を与え続けることになるので、タイマーをセットしておくと良いです。

 

また聞く音楽によっては逆に脳が興奮状態になってしまうので、出来るだけテンポが遅く歌詞の入っていない、曲調が単調な音楽を選ぶようにしましょう。

 

眠りが浅い時の対策方法E:マットレスを見直す

眠りが浅い

 

いろいろ試してみてもやはり眠りが浅い、寝たのに疲れが取れない…そんなあなたはもしかしたらマットレスに原因があるのかも知れません。

 

マットレス選びと言うのはなかなかシビアで、あなたの体に合った柔らかさ・硬さ・厚みのあるものを選ばないと寝ても逆に疲れてしまい、眠りが浅くなってしまう原因に直結してしまいます。

 

日ごろからマットレスや布団が柔らかすぎる、寝返りが打ちづらい…そう感じているあなたはぜひとも一度寝具を見直してみましょう。

 

寝具の専門店でも気軽に相談できますし、また当サイトからもおすすめのマットレスをご紹介していますのでよかったらぜひ一度チェックしてみてください。

 

眠りが浅い時の対策方法F:睡眠サプリを導入してみる

眠りが浅い

 

しかし、もしマットレスを買いかえるとなるとなかなか高価で手が出しづらいですよね。そんな時にもっと手軽に実践できるのが睡眠サプリの導入です。

 

睡眠サプリならば1袋の金額もマットレスに比べればリーズナブルですし、物によってはマツキヨなどの薬局でも市販されているので手軽に購入できる点はメリットです。

 

実際私も寝付きが悪く、なかなか疲れが取れない中で睡眠サプリを導入したところ、布団に入って10分以内には眠れるようになりましたし疲れを翌日に持ち越さないようになりました。

 

睡眠サプリの導入をおすすめする3つの理由についても以下の章で解説していきます。より深い眠りにつきたいあなたは目を通してみてくださいね。

 

眠りが浅い時に睡眠サプリをおすすめする3つの理由

眠りが浅い

 

眠りが浅いあなたになぜ睡眠サプリが最もおすすめと言えるのでしょうか?そこには以下3つの理由が存在します。

 

自然に睡眠へと導いてくれる

睡眠サプリにはグリシンやカルシウムなどの睡眠を促す成分が含まれているため、睡眠薬のような強制的な眠りとは違い、自然に質の良い眠りを手に入れることができます。

 

また睡眠のサポートだけでなく、目覚めた後の体のだるさを抑えたり、精神を安定させて毎日をイキイキ過ごすためのパワーを与えてくれます。

 

食品なので副作用の心配が無く安心

睡眠サプリは分類的に言うと食品にあたります。よって副作用を心配するような危険な成分は含まれておらず、あくまでも栄養素での睡眠サポートを目的としています。

 

睡眠薬だと眠気・ふらつき・記憶障害などの副作用を心配しないといけませんが、睡眠サプリにはそういった不安要素がないのは安心できるポイントですね。

 

医師の処方がいらないので入手が簡単

睡眠薬の場合、手に入れる際には医師の処方箋が必須です。しかし、睡眠サプリは薬ではないため欲しいと思った時にいつでも購入することができます。

 

眠りが浅いからぐっすり眠れるようになりたい!でも病院に行くのは抵抗がある…そんな人にも睡眠サプリはおすすめできる安眠への解決方法と言えるでしょう。

 

眠りが浅い時におすすめ!睡眠サプリのランキングはこちら

眠りが浅い

 

眠りが浅い時に有効的な対策方法をご紹介しましたが、どれを試してみてもあまり改善の兆しが見られない…そんなあなたはぜひ睡眠サプリの導入を検討してみてください。

 

しかし睡眠サプリと言っても今や種類は様々あり、どれを選んだらいいのかわからないという人も多いでしょう。そこで当サイトからおすすめの睡眠サプリを5つ厳選してご紹介しています。

 

睡眠サプリの選び方のポイントなどもまとめてありますので、あなたに適したサプリメントを見つけてみてください。深い眠りを得るための参考にして頂けたらと思います。

 

眠りが浅い

眠りが浅い

 

眠りが浅いと感じる時に読んでおきたい7つの記事をご紹介

眠りが浅いあなたにおすすめの記事を7つご紹介します。深い眠りを得るためのヒントを得られるかも知れないので、こちららもぜひ一通り目を通してみてくださいね。